ドラゴンクエストX(DQ10) ネタバレストーリー まとめ

ドラゴンクエストX(DQ10)のメインストーリー、サブストーリーのまとめ

エピソード37 闇の根源 前編

大魔王城の玉座に座る主人公の前にルシュカ、アスバル、ヴァレリアの3魔王が集まった。 まずヴァレリアが話し始める。 「さっそくだが大魔王、魔界の現状について申し上げる。」 「状況はかなり悪い。」 「バルディスタの領内では魔瘴の濃度が急激に上がり…

エピソード36 神の覚醒

ジャゴヌバ神殿で気絶したナラジアが目覚めたらしいので大魔王城の東翼にある医務室に向かうと、ナラジアとイルーシャが話をしていた。 「あの時感じただろう?」 「イルーシャにもわかったはずだ。」 「再び目覚めたのは必然。」 「俺たちだけが神を・・・…

破界篇 第4話〜第6話(最終話)

長編ストーリー「破界篇」1話~3話 dq10story.hatenablog.jp 破界篇 第4話 『ふたりの近親憎悪』 偽りのココラタの浜辺の民家にいるファビエルに呼び出された主人公。 「再びあなたに護りの手として動いてもらう時が来たようです。」 「先程滅びの手が生み出…

エピソード35 勇者復活

大魔王城の玉座の間で侍従のカーロウに話を聞く。 「ご機嫌麗しゅう、大魔王様。」 「本日も眩いばかりに輝く笑顔でございますなあ。」 「日に日に大魔王らしくご成長なされてこのカーロウも鼻が高いですぞ。」 「ちょうど3人の魔王たちが大魔王城へ参集し…

王家の迷宮の物語 心層の迷宮

『悔恨の園』 「おお、なんというまばゆい輝き。」 「そなたら二人分の命の輝きが我らのような亡霊を引き寄せたのであろうな。」 「それにしても神々しい。」 「ああ、まるであのお方たちのようだ。」 「そなたらを見ていると双子の勇者アシュレイとレオーネ…

破界篇 第1話〜第3話

第1話 『滅びの予兆』 偽りのココラタの浜辺にある民家でファビエルという男性と話をする。 「おお、あなたはかつてこの偽りの世界の侵食から真の世界を護った冒険者、主人公ですね。」 「これはまたとない幸運。」 「あなたにしか頼めないことがあるのです…

エピソード34 王の戴冠

主人公は魔仙卿に呼び出され、ゴダ神殿に向かった。 「よくぞまいったな。」 「我は以前魔界の各国が歩む復興の道は険しいものになるだろうと話したな。」 「まさしく今、ゼクレスとバルディスタ双方の国にて解決しがたき問題が起こっているようだ。」 「そ…

エピソード33 魔界大戦

魔仙卿に呼び出された主人公がゴダ神殿に向かう途中、ジャディンの園にイルーシャがいた。 「ここはにぎやかね。」 「命の声に満ちているの。」 「それに光も。」 「闇の中であなたは私を照らしだした。」 「あなたの光はまた私を導くの?」 魔仙卿がやって…

エピソード32 いばらの巫女と滅びの神

突然勇者姫アンルシアから手紙をもらった主人公。 プクランド大陸のキラキラ大風車塔に来てくれというので向かうと、熱気球の前にアンルシアがいた。 「急なお誘いだったのに来てくれてありがとう。うれしいわ。」 「私、気球に乗るのが夢だったのよ。」 「…

エピローグ 遥かなる未来への旅路

現代の王都キィンベルの民家にいるエミリエという女性に話を聞く。 「あなた主人公さんではなくて?」 「私はなんと幸運なのでしょう。」 「あなたが来てくれるなんてこれこそ運命というものではないかしら。」 「実は困っていることがありまして、よろしけ…

エピソード31 遥かなる未来への旅路

賢者ルシェンダに呼ばれた主人公は真グランゼドーラ城にある賢者の執務室に向かった。 「おお、主人公か。待っていたぞ。よく来てくれた。」 「早速だが用件に入らせてもらおう。」 「少し前にある人物を保護してな。」 「その者は我らとも因縁浅からぬ人物―…

約束の再会

エテーネ村のアバ様の家にエテーネの服を着た夫婦が黄金の腕輪を預けていったという。 黄金の腕輪と一緒にあった日記を読む。 「わしが生まれる少し前に一人の男が村へやって来た。」 「男は黄金に輝く腕輪を見せながら、自分は悪名高い錬金術師バルザックの…

エピソード30 1000年の旅路 うつろなる花のゆりかご

賢者ルシェンダに呼び出された主人公は、真のグランゼドーラ城にある賢者の執務室に向かった。 「おお、主人公か。待っていたぞ。そなたに大切な話があったのでな。ではメレアーデ姫をここへ呼ぼう。」 メレアーデがやって来た。 「久しぶりね、主人公。賢者…

ガタラ外伝 動き出した時間

城主ダストンに「黄色のキーエンブレム」を譲られた後、再び城主ダストンに呼び出され、岳都ガタラにあるガラクタ城に向かった。 「いい所に来ました!ちょっとこいつを見てくだせえ!」 城主ダストンの後ろには壊れたウルベア魔神兵があった。 「こいつはあ…

エピソード29 3000年の旅路 砂上の魔神帝国

賢者ルシェンダに呼び出された主人公は、真グランゼドーラ城の賢者の執務室へ向かった。 「よく来てくれた、主人公。そなたを呼んだのは他でもない。例の終焉の繭についてだ。」 「先程ドルワーム王国から通達があり、ドワチャッカ大陸、ダラズ採掘場の西に…